将来を安心して過ごすために必要な生活設計とその方法

おひとりさまも安心して過ごせる、これからの生活設計

安心して老後の生活を送るために今から出来ること

日本人の平均寿命は80歳を超えています。 長生きが出来るのはとてもありがたいことではありますが、やはり健康でなければ長生きするメリットはあまり感じられません。 人生の最後まで健康でいる、ということはとても難しいと思いますが、健康でいる年齢を少しでも長くしていきたいですね。

実際とのころ、どれくらい必要?

実際リタイアした後の生活費っていくらくらい必要なのでしょうか。 よく聞くのは、貯蓄は2000万から3000万あった方がいいという数字。 この数字を聞いても、あまりピンとこない方も多いと思います。 月にいくらあったらこうなる、という目安などはあるのでしょうか。 そんな必要なお金のことをご案内しましょう。

おひとりさまという生活設定

おひとりさま、という言葉も最近では珍しくなくなりました。 最初からおひとりの場合もあれば、途中からおひとりになる可能性も含めれば、かなりの方にその可能性があるということになります。 そんなおひとりさまで将来を過ごす為に、注意したいことや準備しておきたいことを考えてみましょう。

健康寿命を延ばすということ

これから、医療は発達しどんどん長生きできる世の中になっていくでしょう。
しかし、高年齢化が進んでいる日本で、安心して長生きできるということほど難しいことは無いような気がしてしましますね。
貯蓄も年金もあてにならない!という現状の中、どうしたら安心した将来を築いていけるのか気になるところです。

漠然とした不安が頭をよぎりますが、ただ不安になっていてもしょうがないですよね。
何の不安もなく、将来を楽しく過ごす為に必要なことをひとつずつクリアにしていきましょう。

まずは、やはり健康でしょうか。
若いころは、何もしなくても大体のことはこなしていけますし、不安に感じるようなこともないでしょう。
そんな不摂生や、日ごろ積み重ねたことが将来出てきてしまったりするんです。
次に必要なのは、やはりお金ですよね。
多くなくてもいいのでしょうが、自分や家族がセカンドライフを生きていく為に必要なのはどのくらいなのか、また少しでも長く働くためにどうしたらよいか、なども考えていきたいものです。

そして、ひとりになる覚悟も必要かもしれません。
特に女性。
女性の方が平均寿命は長いのです。
ということは、女性の方がおひとりで暮らすことになる可能性も高いということが考えられますよね。
そうなった時にこともすこし考える必要がありそうです。

と、いろいろ考えることはたくさんありそうな気がしませんか。
こちらのサイトでは、そんな将来に必要な準備だったりを少しずつご紹介していこうと思います。

おすすめリンク